出会い系でエロすぎるセフレをゲット

若いエロエロ人妻をセックスフレンドにした話

出会い系サイトで出会った女の子は、やりとりの時点で割り切りの気配を見せていました。
条件は「旦那の愚痴を聞いてくれること」
愚痴くらいいくらでも聞いちゃういますよと期待しながら会います。

 

そうして待ち合わせに来た彼女をひと目で見て可愛い!と思いました。
これは大当たりです。
今日一夜限りの出会いじゃなくてセフレになりたい!と思いました。

 

彼女は24歳。まだまだ肌は若々しく白い肌が彼女の可愛さを引き立てています。
そしてスタイルも小柄ながら胸やお尻はグラマー。くびれもあってエロい!
これで人妻だというんですから旦那が羨ましすぎます。

 

彼女の話しを聞いていると単身赴任になってから旦那とはセックスレスになってしまったようです。
たまに会っても求めてこない。浮気も疑っているそうです。
それで寂しくなり、出会い系で癒してくれる男性を求めていたそうです。
「こんな可愛い子を放ったらかしにしているんだからそりゃ浮気だよね」僕は大げさにいいます。
彼女もまんざらでもない表情で「でしょう?」と言います。

 

そうして話しを一通り聞くと僕は「で、愚痴を聞いたご褒美って何かな?」とご褒美を求めます。
彼女は誤魔化しているものの最初のやりとりでの気配は誤魔化せません。
しばらくするとラブホテルに行くことを了承してくれました。

 

彼女の裸体は白くて透き通り、思わず見惚れてしまうくらいの綺麗さでした。
大きな胸も想像以上。そして乳首は彼女に唯一似つかわしくない色で艶っぽさが強調されています。
「綺麗」と思わず褒めながら、彼女の胸と乳首を愛撫します。
彼女は乳首が性感帯のように喘ぎ声を出してしまいます。
そうして彼女のアソコをクリクリ弄ると彼女の喘ぎ声はさらに大きくなっていきます。
「ううんっああっ」
彼女の可愛い声がどんどん色っぽい喘ぎ声に変わっていきその声にどんどん興奮して僕もギンギンになってしまいます。
そうしてゆっくりと彼女の中に挿れていきました。
彼女はゆっくりとつき始めたところで「ああっ、はあんっ」と感じた声がさらに変わります。
「気持ちいい?」思わずそう聞いてしまいました。
「気持ちいいよぉ」彼女からそんな言葉が返ってくるとはなんというご褒美でしょう。
僕はその言葉に興奮してどんどん激しくついて行きます。
彼女は突かれるたびに興奮した喘ぎ声を出し、中がどんどん濡れていき突きやすくなります。
そうして最後は彼女を強引に立たせて立ちバック。
彼女を鏡に写しながら、いやらしく感じる姿を彼女に見せ突き続けると彼女は恥ずかしさを通り越して大きな喘い声を出しています。
「ああっ気持ちいぃっ気持ちいいぃっ、うんっうんっうんっうんっああぁっああぁっ」僕が突くたびに喘ぎ声が変わります。
そして最後に今日一番の高速突き。彼女はどんどん昇りつめていき、最後にとびっきりのものを味あわせてフィニッシュ。
彼女はそのセックスのすごさに大満足していました。
僕は彼女に「いつもこんな事をしてられるセフレになりたい」
「嬉しい。私もいつでもセックスしたい」彼女もそう返してくれます。

 

こうして彼女はもう僕から離れらなくなり、今はセフレとしてほぼ?日彼女を悦ばせています。